Read Article

スポンサード リンク

【au】iPhoneを修理したい!スムーズに手続きをする手順と段取り。

肌身離さず持ち歩く携帯電話。

どんなに気をつけていても落として画面を割ってしまったり水没させてしまったりすることもありますよね。

そうでなくても携帯そのもののトラブルで修理が必要になることもあります。

iPhoneはガラケーやAndroidスマートフォンと違ってdocomoやau、SoftBankなどのショップでは修理を受けつけてもらえません。

iPhoneの修理の場合、Apple直営のAppleStoreかAppleから認定を受けた専門ショップに持ち込んでの修理が必要(郵送修理も可能)になりますので、その手順とバックアップなど忘れずにやっておきたい段取りを紹介します。

iPhoneが故障した!まずやることは?

どのような故障かにもよるのですが大きく2つのパターンに分けられます。

ひとつは、水没や画面割れなど物理的に故障してしまった場合。

もうひとつは、急に電源が入らなくなった、音がしなくなった、などiPhone内部の故障である場合です。

物理的に故障してしまった場合

故障というより破損と言ったほうが正しいのですが、まずは起動できるかどうかです。

水没などで起動できなければお手上げなので修理に持ち込むことになります。

画面割れなどで起動はできる場合はバックアップなどしてから修理に持ち込むことになります。

バックアップなど詳しい手順は後述します。

内部的に故障してしまった場合

例えば電話でこちらの声が相手に聞こえなくなった、などの場合、マイクの故障を疑ってしまいがちなのですが実はOS、つまり内部のソフトの問題であることもよくあります。

他にも急に再起動する、通信マークがつきっぱなしになる、やたら動作が遅い、などの場合もOSの問題であることがよくあります。

この場合、原因究明が困難なのですがショップに持ち込む前にやっておかなければならないことがあります。

  • iPhoneを再起動してみる。
  • OSを最新版にアップデートする。

まずは、この2つを試してみます。

それでもダメな場合はバックアップをとったうえでiPhoneの初期化を試してみることになります。

初期化などは特に、とても面倒くさい作業なのですがショップに持ち込んでも同じことを必ずやらされます。

なので、バックアップ環境などが整っている自宅であらかじめ試しておきましょう。

ショップに持ち込んだ際にいずれも試したけどダメだった、ということを店員さんに伝えればその後の手続きや作業もスムーズにいくはずです。

ショップに持ち込む前にやること、準備すること

起動ができない場合はどうすることもできませんが起動できる場合はまず、バックアップをとりましょう。

その場合、OSを最新版にアップデートしてからバックアップをとることをおすすめします。

理由は本体交換になった場合、受け取る新しいiPhoneは最新版のOSである可能性が高いからです。

バックアップしてあるOSとiPhoneにインストールされているOSのバージョンが違うと復元するときに不具合が発生することがあるので、よほどの理由がない限りは最新版にアップデートしたうえでバックアップをとるようにしましょう。

また、インストールしてあるけどあんまり使っていないアプリなど不要なアプリは削除しておいたほうがデータが軽くなるのでバックアップする時間も復元する時間も短縮することができますよ。

不要な写真や音楽などもあれば削除して整理しておきましょう。

バックアップができたら以下のことを確認します。

  • AppleCareなどの保証に入っているか、保証期間内かどうか。
  • 携帯キャリアの修理代金サポートをうけられるかどうか。
  • 「iPhoneを探す」をオフにする。
  • LINEやゲームなどのアプリを再インストールした場合にデータを引き継ぐためのメールアドレス登録などの引き継ぎ登録

以上のことをあらかじめやっておけば安心です。

保証期間内かどうか調べる方法

まずAppleの保証ですが購入から一年以内であれば間違いなく保証期間内です。

さらにAppleCareに入っていればAppleのサイトで保証期間を確認することができます。

アップル – サポート – サービスとサポート期間を確認する

上のリンクからAppleのサイトへアクセスしてお使いのiPhoneのシリアル番号を入力することにより保証期間を確認することができます。

シリアル番号の確認方法は【設定】→【一般】→【情報】と進むと確認できます。

携帯キャリアの修理代金サポート

次にdocomo、au、SoftBankのような大手キャリアでは修理代金サポートをオプションで契約することができます。

それぞれの保証内容については各サイトを確認していただきたいのですが、まずは自分が契約しているか分からない場合は契約内容を照会して調べてみましょう。

簡単に説明すると、auは修理代金を2回まで最大1万円まで指定した口座へ振り込みで返金してもらえます。

SoftBankは修理代金の80%以上を携帯電話請求額から申請金額に達するまで割り引くかソフトバンクプリペイドカードへ一括還元されます。

当然、修理はAppleStoreか認定ショップへ持ち込むことになります。

特徴的なのがdocomoで申請することでリフレッシュ済みの新しいiPhoneを受け取ることができます。

つまり、AppleStoreや認定ショップへ持ち込む必要がないのです。

ただし、どの保証も故障の程度や原因などにより一概に交換とはならないので保証内容をよく確認したうえでよく分からない場合は問い合わせてみましょう。

【iPhoneを探す】をオフにする

修理に持ち込むと必ず【iPhoneを探す】をオフにするように言われますので、その場でオフにしてもいいのですがあらかじめ手順は確認しておきましょう。

【iPhoneを探す】をオフにする手順は、【設定】→【iCloud】→【iPhoneを探す】と進むとオンオフの項目があります。

LINEやゲームなどのアプリは引き継ぎ設定を済ませておく

バックアップから復元した場合、アカウント情報なども、そのまま復元されるのですが万が一の場合に備えてメールアドレス登録などの引き継ぎ設定は確実にしておきましょう。

ゲームはそれぞれのアプリの機種変更用の引き継ぎ設定をしておくと良いでしょう。

LINEに関しては、僕の場合は復元した時にアカウントもトーク履歴も残ったまま復元できたのですがやはり引き継ぎ設定はしておくに越したことはないと思います。

ショップへ持ち込み修理を依頼する

ここまでやっておけば安心してショップで修理を依頼できます。

ですが、その前に予約できる場合は必ず予約しておきましょう。

AppleStoreのジーニアスバー(修理を受け付けるコーナー)は予約が必須となってます。

予約なしで来店した場合は、その場で予約手続きをすることになります。

Apple認定ショップの場合は店舗により違いがありますがほとんどのショップでは予約を受け付けていますので予約するに越したことはないとないでしょう。

また、予約をしておけば本体交換になった場合に備えて手持ちのiPhoneと同じカラー、容量の在庫を確保しておいてもらえるはずです。

本体交換と判断されても在庫がないので後日また来店しなければならない、といった事にならないためにもできるだけ予約してから来店したほうが良いでしょう。

また、キャリアによる修理代金サポートがある場合でも一旦、自己負担で修理代金を支払わなければならないのでクレジットカードで支払うならクレジットカードが使えるか確認して、現金で支払うなら現金を用意しておきましょう。

スタッフにできるだけ具体的に症状を伝えよう

いよいよ自分の番になりお店のスタッフと対面したら不具合の内容をできるだけ具体的に伝えましょう。

  • 症状が発生したのはいつか
  • どのような症状か、また常にその状態なのか、ある条件の時のみなのか

不具合の内容を伝えるとスタッフによる診断が始まります。

その際に、再起動や初期化をすでに試していたらそのことも伝えましょう。

あとはスタッフと話しながら不具合の原因を探し、結論を待つことになります。

本体交換になれば在庫があれば、その場で交換してもらえますが預かり修理となれば手元にiPhoneがないことになりますので代替機が必要になります。

各携帯キャリアでは修理中の代替機の貸し出しも行っていますので最寄りのショップに問い合わせましょう。

個人的な経験談

最後に僕個人の経験ですが、不注意でiPhone6を水没させてしまい動作は問題ないのですが液晶画面に水が入りシミだらけになってしまいました。

数日経っても消える気配がなかったのでApple認定ショップのカメラのキタムラに持ち込み見てもらったところ、本体交換となりました。

僕の場合、AppleCare+に加入しておりauの修理代金サポートが受けられるauスマートパスにも加入しておりましたので、修理代の7800円を一旦、自己負担で支払いました。

その後、auに修理代金サポートの申請書を提出し銀行口座へ振り込んで頂きました。

iPhoneはバックアップから復元したのですがなぜか復元できなかったアプリもあり完全に元に戻すのに多少、苦労しました。

最後に

ケータイは今や連絡手段としてもコミュニケーションツールとしても生活に欠かせないものとなっています。

故障して使えなくなったりすると、かなり不便です。

万が一、故障してもすぐに対応できるように保証に入っておくに越したことはないと思います。

また、ケースやフイルムなども使って保護しておくことも故障対策として有効ですよ!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top