Read Article

スポンサード リンク

スマホに手帳型カバーをつけている人へおすすめしたい画面自動オンオフアプリ

画面の大型化について伴ってスマートフォンに手帳型カバーをつけている人が増えています。大画面スマートフォンでは保護フィルムを貼っていてもキズが目立ちやすいので私も手帳型カバーを愛用しています。画面を保護するだけでなく商品によっては立て置きスタンド代わりになったりと便利な手帳型カバーですが弱点もあります。

ボタン類が押しにくい

手帳型に限らずどのようなカバーにおいても言えることですが機種によってはヴォリュームや電源ボタンが押しにくくなることがあります。

image
私が使っているXperia Z Ultraは元々電源ボタンがほとんど出っ張っていないのでカバーをつけるとボタンがとても押しづらくなります。

画面の自動オンオフアプリで解決

いちいちボタンを押さなくてもカバーを開いたときに自動で画面が点けばいいのに。。。と思って調べてみたらすでにアプリがありました。


Gravity Screen – On/Off 1.85.3
カテゴリ: ツール
Android app on Google Play

カバー自動画面スイッチ 2.7
カテゴリ: ツール
Android app on Google Play

近接オートロック 1.9.7
カテゴリ: 仕事効率化
Android app on Google Play

探せばまだまだありますが私が試したのは上の3つ。
3つとも、しばらく使ってみた上で現在使っているのはGravity Screen – on/offです。理由はこのアプリがカバーを開いてから画面が点灯するまでの反応が一番早かったこと。どのアプリもカバーを開いてから画面点灯までの時間を設定できるのですが、できるだけ早く点灯するような設定をしても早くなりませんでした。また、他の2つは時折、動作しなくなりカバーを開いても点灯しなくなることがありましたが、このアプリはまだ、そのようなことはありません。

画面自動オンオフアプリの仕組み

基本的に照度センサーを利用していて、カバ-を開いてセンサーが光を受けるとオン、閉じて光がなくなるとオフ、という動作をします。また、端末の傾きを検知してオンオフを切り替える機能もありますが私は必要ないので使っていません。

センサーを使っているとなると気になるのがバッテリーの減り具合ですが私が使っている限りでは「気持ち早く減っているかな?」という程度で気になるほどではありません。しかし、設定によっては激しくへってしまう場合もあるので傾きセンサーを積極的に使うような設定はしないほうがいいかもしれません。

手帳型カバーが驚くほど快適に

カバーを開けば勝手に画面が点く、閉じれば消える、それだけなのですが一度使うとやめられないほど快適です。多少、バッテリーの消耗が早くても、どうでもいいくらいに快適です。また、電源ボタンを押さなくてもいいのでボタンが効かなくなる、などの不具合も防止できます。

残念ながらiPhoneではiOSの制約でこのようなアプリは利用できないのですが、Androidスマホで手帳型カバーを使っているのならワンランク上の快適性を手に入れられること間違いなしなのでおすすめです!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top