Read Article

スポンサード リンク

iOS8はまだまだ未完成のOSだった。

何かと話題のiPhone6、iOS8ですが早速提供されたアップデートが電波が圏外になる、Touch IDが使えなくなる等の不具合多発により急遽取り下げられるという前代未聞の事態が起こっています。

幻のiOS8.0.1 iPhone6で強制圏外、Touch ID使用不可などで配信停止 / 週アスPlus

ちなみにアップルも公式にダウングレード方法を公開しています…が、英文のみ?のようです。こういう不具合が発生した時のアップルの対応はいつも後手後手です。あんまりスマートフォンの知識がない人にも分かりやすいようにアップルIDのメールアドレス宛に案内を送るなどの対処はしてほしいものです。

iOS8の登場は早すぎた?

大々的にアピールしていたhealth kit がいきなり使えない、アップデートしたらバグだらけ、などiOS8のデビューは惨憺たる結果となっています。ここまでひどいアップデートはありませんでした。 また、iPhone6 Plus では画面が大きくなった分、表示できる文字の量が増えるわけでもなくこれまでのiPhoneと同じ表示が拡大されるだけ、という状態です。これはアプリがiPhone6 Plus に対応していない場合に起こります。 要するにアプリを大画面に広く表示できるようにアップデートしなければならないのですが手間も予算もかかるため小規模のアプリ制作会社はこのまま放置する可能性もあります。 少し、専門的な話ですが詳しく解説されてるのがこちら。

今のところ全く萌えないiPhone6+ / F’s Garage

iPhoneは5以降、不具合が多すぎるような気がします。不具合なく安心して使えるのがiPhoneの売りの一つでもあったはずなのですが。
他にも新機種発表時の情報のリーク(漏洩)も5あたりからかなり増えました。4の発表の時は事前の情報がほとんどなかったので本当にワクワクどきどきさせられたのですがもう一度あのような体験ができる日は来るのでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top